京都西陣で培った伝統の技と、岡山児島のデニム素材を組み合わせ、ファッションとして着られるデニム着物の販売






アイテム
  • FB_IMG_1515036432562.jpg
  • 2017福袋 (2).jpg
  • PC220531 (1126x1200).jpg
  • PC220528 (936x1200).jpg
  • PC220522 (837x1200).jpg
  • PC220515 (1200x1126).jpg
  • PC220512 (1200x900).jpg
  • PC220509 (798x1200).jpg
  • PC150484 (1200x901).jpg
  • PC150473 (1045x1200).jpg
でにむどすwebsiteをご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご感想、お問い合わせ等ございましたら、メールまたはこちらまで。

このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて「このしまや/でにむどす」が保有し、無断で複写・転載することを禁じます。

技ありデニム

| コメント(0) | トラックバック(0)


でにむどすのデニムは、岡山の児島産であること、

皆さんには知っていただけていると思います。

 

今日はその「世界のKOJIMA」についてご紹介したいと思います!

 

ジーンズの故郷とまで言われる、「児島」。

そこでは数々のジーンズ関連企業(糸から縫製、加工仕上げまで)が一致団結して

取り組んでいます。

繊維専門分野の企業が、集結しているのもここの特徴。

お互いの企業のノウハウが見事に集積されてこそ、付加価値の高いデニムが創りだせるんですね。

 

昔、大量生産大量消費の時代。

児島は「繊維のまち」という程度の認識だったといいます。

そこに火をつけたのが、プレミアムジーンズの人気です。

あらかじめユーズド(=使い古された)加工のジーンズを売り出して、

瞬く間に世界にその名を知らしめました。

「世界のKOJIMA」になった瞬間です。

 

002.JPG

 

今では、たくさんの若者が児島で、率先してアイデアを出しているそう。

そう、ユーズド加工されたジーンズに魅了された時代の人々です。

活気あふれる児島だからこそ、デニムの着物を作っていただいています。

 

本型に合せ裁断.JPG

 

「京都西陣の織元」が「世界の児島デニム」で、つくる。

それが「でにむどす」なのです。

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://denimdosu.jp/system/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする