京都西陣で培った伝統の技と、岡山児島のデニム素材を組み合わせ、ファッションとして着られるデニム着物の販売






アイテム
  • P4280063.JPG
  • P4280067.JPG
  • P4280064.JPG
  • P4280059.JPG
  • P4280066.JPG
  • P4250077.JPG
  • P4210073.JPG
  • P4210070.JPG
  • P4210067.JPG
でにむどすwebsiteをご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご感想、お問い合わせ等ございましたら、メールまたはこちらまで。

このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて「このしまや/でにむどす」が保有し、無断で複写・転載することを禁じます。

最新日記

GW中は特典付き!

今日からGWの方も多いのではないでしょうか?
今年は最長で9連休♪

どちらへお出かけですか?

DENIMDOSU西陣本店に、
オリジナル夏デニム着物、オリジナル浴衣、新作セレクト浴衣が揃いました。
P4280066.JPG

P4280059.JPG

もちろん、これからの季節に欠かせない小物(日傘や扇子)、
下駄や夏帯なども揃っています。

P4280067.JPG

P4280063.JPG
店内も涼しげな装いに。

GW期間中に、夏デニム着物・浴衣をお買い上げの方に、
夏には欠かせない、ポップでお洒落な団扇をプレゼント!
P4250077.JPG


ぜひこの機会に、DENIMDOSU西陣本店にお越し下さいませ。

GW期間中は、休まず営業致します。
※4月28日(金)~5月7日(日)

営業時間:13時~17時






新入荷!お揃いでオシャレ?

明日からGWがスタート!
皆さまご予定はお決まりですか?!

 DENIMDOSU西陣本店には、
お出かけも楽しくなりそうな帯&下駄が入ってきました。

 P4210060.JPG
ブラックデニム着物『二条』 
金茶ステッチに合わせて、
黄色に紫のドット柄が、可愛くお洒落な帯&下駄をコーディネート! 

そう!!帯と下駄(鼻緒)がお揃いなんです♪
P4210064.JPG


P4210066.JPG
バイオフェード加工を施した『竹屋町』に、
紫色にピンクのドット柄が、お洒落な帯&下駄をコーディネート!

P4210067.JPG

色違いはこちら ↓
P4210070.JPG

P4210073.JPG

細かいドット柄なので、
デニム着物はもちろん、様々な着物や浴衣に合わせて頂けます。

また兵児帯は幅広なので、色々な結び方が楽しめます!

兵児帯(ポリエステル:100%) ¥10,000+税
サイズ:幅 約37㎝ 長さ 約4m

下駄(台:桐 鼻緒 表:ポリエステル100%) ¥13,000+税
サイズ:約 24㎝

DENIMDOSU西陣本店は、GW(4月28日~5月7日)中は休まず営業いたします。
営業時間:13時~17時

GW中は、お得な特典もご用意しておりますよ~
ぜひお立ち寄りください!





NHK「おはよう日本」で!

本日4月21日(金)朝7:00~放送でした、
NHK「おはよう日本」で、
DENIMDOSU
西陣本店が紹介されました。

「普段着のきものファッションが人気」
~若い世代から、家族まで楽しむきもの~ として、

着物文化を日常生活に取り入れる方々の紹介がされていました。
image1.JPG
先日、DENIMDOSUの店内の様子や、
女将のインタビューの撮影がありました。
image2.JPG


ぜひ皆様も着物をファッションとして、
もっと身近に自由に楽しんで下さいね。


DENIMDOSU西陣本店

住所:京都市上京区今出川通千本西入南上善寺町141
   (千本今出川交差点を西に20m 北側)
   アクセス:京都駅より市バス206系統「千本今出川」下車

営業時間:毎週 金・土・日・祝 13時~17時

TEL:075-463-2625 FAX:075-463-2639 





軽やかで華やかなデニム着物で!

暖かい日が続き過ごしやすくなり、
着物でのお出かけがより一層楽しめる季節になりましたね。  


今日はこれからの季節におすすめ!!
綿麻ジャガードデニム着物を紹介します。


でにむどす工房がデザインした、
オリジナルのジャガードデニム着物「線描きバラ」

P4170068.JPG

モダンに描かれた遊び心ある線描きのバラは、
デニム感が抑えられ、
コーディネート次第で、ワンランク上の着こなしを楽しめる一枚です。

P4170081.JPG 

工房オリジナルの御召(絹100%)の兵児帯をコーディネート。

P4170075.JPG

水色の三分紐とステンドグラスの帯留がポイントに。

これからのお出かけに、綿麻デニム着物はいかがですか?!


●綿麻ジャガードデニム着物「線描きバラ」 ¥68,000+税
※綿65% , 麻35%

●御召兵児帯(絹100%) ¥38,000+税





野中 健二展「時を織る 綾なす時」

以前よりお知らせしています弓月工房の舎主「野中健二」展。

自身の集大成として数年前より準備を進め、 
会場構成、作品を仕上げた矢先の今年3月、急逝致しました。 

弓月・でにむどす女将をはじめ、社員一同が遺志を引き継ぐべく、本展を敢行致します。 

生涯を染織に捧げ、最期まで挑戦を続けた 野中健二の表現、世界観をご高覧ください。

20170301142921_00001

20170301143042_00001

20170301143110
※⇑展示イメージ

【野中 健二(1957-2017)】 
京都の西陣御召工房・秦流舎の創始者、染織デザイナー・クリエーター 
革新的な意匠により、西陣御召の可能性を無限大に広げ、現在の地位まで押し上げた第一人者。 

伝統のものづくりに徹する一方、現代の街並みに合う洗練されたデザインを探求し果敢にイノベーションを起こす姿勢は高く評価されていました。 


はじまりは、一粒の滴 

それはせせらぎとなり、やがて一条の川となる 

大地をつくり、大海へ注ぎ、天空に登れば恵みの雨となって地に戻り

より輝く新しい命となって流れ始める


普遍の日本文化・染織に対する誇りを水の流れにたとえ、
 「源流」「集積」「透明」の3部構成で縦横無尽に展開します。 

美術造詣を駆使しアートへと昇華させた日本伝統美溢れるテキスタイルは必見です。

 野中 健二展「時を織る 綾なす時」~想いと時が交差する 

 日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 
   11時~17時(最終日は16時まで 入場無料  

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)


 【期間中の関連イベント】 
野中健二の想いにご賛同いただいた、
 日本の伝統文化を継承する方々をゲストにお迎えしイベント開催します。

5月12日(金) 14:00~ ・ 15:30~ 

重要無形文化財保持者(人間国宝) 
梅若 玄祥氏による特別講演『能面と伝統』 

 ※各回 定員20名【予約優先】 

●5月13日(土) 14:00~ 
未生流笹岡 家元 笹岡隆甫氏によるワークショップ 

未生流笹岡家元 笹岡隆甫氏と、 
裏千家業躰 金澤宗維氏による京都二大文化トークショー 

 ※定員20名 【予約優先】

 ●5月14日(日) 12:00~
裏千家業躰 金澤宗維氏によるお点前




軽やかなスプリングコート

今日は朝から雨の京都。
そして風もあり、少し肌寒い日になりました。

まだ朝晩は冷える日も多いですね。

『でにむどす』には、
そんな日におすすめのスプリングコートがございます!

IMG_0137 (643x960).jpg
大きめの格子柄は、
大人の遊び心をプラスして、着こなしにアクセントを加えてくれます。

IMG_0132 (684x960).jpg IMG_0140 (640x960).jpg
IMG_0136 (600x960).jpg IMG_0094 (640x960).jpg

IMG_0068 (701x960).jpg

細かな格子柄は、
カジュアルにもキレイめにも活躍してくれます。
IMG_0078 (628x960).jpg IMG_0074 (640x960).jpg

風をまとうような軽やかな素材、お洒落な形のコートは、
羽織るだけでこなれたコート着物スタイルに。

風コート ¥60,000+税





そろそろ...扇子

20℃を超える暖かい日が続いています京都。
昼間は汗ばむ程の陽気です!

そろそろ『扇子』の準備はいかがですか?


今日は工房が厳選した大島紬地を使用したオリジナル扇子を紹介します。

上品で可愛い水玉柄がロングセラーの秘訣。
P3070102 (960x646).jpg P3070105 (960x720).jpg

P3070097 (960x688).jpg P3070101 (960x720).jpg
水玉の大きさは2種類。
水玉文様に抜染しました暈しを自然に出すには、熟練した職人の高度な技術が必要です。


七宝柄に抜染しました扇子は、上品で洗練されています。
P3070109 (960x820).jpg  P3070111 (960x665).jpg


白大島紬に染め加工を施したモダンで贅沢な扇子。
P3070086 (960x740).jpg P3070089 (960x720).jpg
↑ 『流線』柄

P3070091 (960x765).jpg P3070095 (960x715).jpg
↑ 『匹田』柄

P3070083 (960x735).jpg P3070084 (960x685).jpg
↑ 『舞花』柄
P3070078 (960x764).jpg P3070080 (960x626).jpg
↑ 『芭蕉』柄


全て上質な素材を使用し、
京都の扇子職人が作った他にはないオリジナル扇子。

お好みの扇子はございましたか?!
ぜひお手にとってご覧ください。

オリジナル扇子(大島紬地) ¥7,000+税
オリジナル扇子入れ(大島紬地) ¥1,500+税





男の半衿

花の便りも聞かれるようになりましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

お花見の計画を立てている方もいらっしゃるでしょうね♪

桜の下、お弁当を食べたりお酒を飲んだり...楽しみですね。

そんな時こそデニム着物の出番ではないでしょうか?!笑

あぐらをかいても汚れても、帰宅後すぐに洗濯機に入れて

洗っていただける点もデニム着物の利点のひとつです!

 

でにむどすの無地のデニム着物があれば、付け替え衿や襦袢を

交換するだけでガラッと印象を変えることができるので、

お花見や京都散策・旅行のお供にとても重宝しますよ☆


 

今回はサラッと着られるTシャツ襦袢と、バリエーション豊富な付け替え衿、

そして色を合わせやすいイチオシのデニム着物を紹介させて頂きます!!


半襟 1.jpg

こちらはTシャツ襦袢です。(七分袖もあります。)

半襟3.jpg
衿のボタンの部分に付け替え衿を3箇所(左右後ろ)留めていただき、

半襟5.jpg

衿が合わさる部分にスナップボタンがあるのでプチっと留めれば完成!

半襟7.jpg

デニム着物(日暮・白ステッチ)を合わせるとこんな感じ♪♪


付け替え衿、綿の素材はこちら↓

衿.jpg

ポップですね♬

 

こちら↓は弓月の御召(絹)でつくられた衿

衿2.jpg

きりっと締めたい気分のときに!


半襟集合.png

「日暮」のブラックデニムは綿&絹、ポップな色味から渋めまで

合わせられる万能アイテムだ!ということに、この度スタッフは気付きました。


襦袢Tシャツに付け替え衿をつけずにそのまま着ても素敵ですよ。

半襟0.jpg 

こちらは深い紫の浸染を施したジャガード織のデニム着物。

 

・襦袢Tシャツ(綿100%)...¥12,000+税

・襦袢Tシャツ(七分袖/綿100%)...¥15,000+税

・付け替え襟(綿)・・・¥3,000+税

・付け替え襟(絹)・・・¥4,000+税

・デニム着物【日暮】・・・¥35,000+税

・デニム着物ドボン染め【柳】・・・¥55,000+税