京都西陣で培った伝統の技と、岡山児島のデニム素材を組み合わせ、ファッションとして着られるデニム着物の販売






アイテム
  • 2017年1月25日 Reopen (2).JPG
  • 2017年1月25日 Reopen (4).JPG
  • 2017年1月25日 Reopen (5).JPG
でにむどすwebsiteをご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご感想、お問い合わせ等ございましたら、メールまたはこちらまで。

このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて「このしまや/でにむどす」が保有し、無断で複写・転載することを禁じます。

最新日記

記念展「時を織る 綾なす時」

以前にお知らせしました、弓月工房である秦流舎の舎主・野中の還暦記念展。

「時を織る 綾なす時」  ~想いと時が交差する~

鬼才のデザイナー・クリエーター 野中 健二

株式会社秦流舎の創始者で設立から現在に至るまで代表取締役を務める。

京都最古の花街・上七軒に生まれ
幼少期から京都固有の伝統文化や着物姿が身近にある環境で
自然と培われた美意識と感性は
染織デザイナー・クリエーターとしての基礎となっている。
 

家業の御召製造を受け継ぎ、染織の基礎を学んだのち
独自で革新的な御召の制作技法を開拓し、西陣御召の可能性を無限大に広げた。

「西陣御召」を現在の地位まで押し上げた第一人者と言える。

西陣織展では、経済産業大臣賞をはじめ
数々の賞を毎年受賞するなど、圧倒的な存在感を放っている。

また、茶道・裏千家にも絶大な信頼を得るなど、その名を全国に轟かせている。

伝統に基づいたものづくりに徹する一方
デザインは現代の街並みに合う洗練された着物をめざし
「ファッションとしての着物」「自分のために着る着物」として
数々の流行を生みだした。

着物における既成概念・固定概念にとらわれることなく
時代の流れを読むことで、常に第一線で活躍している。

「衣を通じて和の伝統を伝える」を理念に、「弓月ブランド」を立ち上げた。

さらに、着物の新たな価値観へのアプローチとして、
これまでにない発想のものづくりにも挑戦し、デニム着物「DENIMDOSU」を立ち上げた。

DENIMDOSUは、これまで着物に興味のなかった方、
お洒落に敏感な方、個性を求める方々に絶大な支持を得て、
着物の新たなムーブメントを巻き起こしている。

個展 社長赤ちゃん (1)

1957年 西陣に生まれる

1994年 歴史・伝統の魂をこめた染織を創造するため、株式会社秦流舎を設立する

1994年 谷崎潤一郎著書「陰翳礼讃」をテーマに展示会を開催(96年・97年開催)

2000年 「弓月」を東京青山骨董通りにオープン

2001年 FASHION SHOW KYOTO VOGUE 2001 in 永観堂にテキスタイル・デザイナーとして参加

2003年 自身の誕生の地 京都・上七軒に「弓月」を移転「弓月京店」と改める

2009年 祇園に京都で二軒目となる「弓月祇園店」をオープン

2010年 ファッションとしてのきもの「DENIMDOSU」を発表

2013年 「DENIMDOSU」の関連ショップを西陣にオープン

きものサローネにてFASHION SHOWを開催 DENIMDOSU-アプレ・ミディ-

2014年 きものサローネにてFASHION SHOWを開催 DENIMDOSU-北欧-

2015年 銀座三越サロンドきものに弓月ブランドの展開

2016年 弓月横浜髙島屋店をオープン

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~

日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時

  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)

〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17
川崎ブランドデザインビルヂング

 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/





本日よりRe open!

大変長らくお待たせしてしまいましたが、
本日より、DENIMDOSU西陣本店がリニューアルオープン致しました!

2017年1月25日 Reopen (5).JPG

2017年1月25日 Reopen (2).JPG

今日は寒い京都ですが、
初天神という事もありたくさんの方がお越しくださってます。

2017年1月25日 Reopen (4).JPG

皆さまにお楽しみ、信頼して頂けるお店づくりをしていきますので、
新しくなったDENIMDOSUをよろしくお願い致します。

オープン祭として、本日~29日(日)の期間中、
ご来店の方にはもれなくプレゼント♪

またお買い上げ毎にプレゼントもご用意しております!

【DENIMDOSU西陣本店】

営業日時:毎週 金・土・日・祝 13時~17時





野中健二 還暦記念個展

でにむどす工房である秦流舎の舎主・野中が還暦を迎えるにあたり、

2017年5月 東京・銀座にて、

自らのもの創りを振返り、また未来のもの創りへの第1歩としての個展を開催いたします。

 

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~

はじまりは、一粒の滴
それはせせらぎとなり、やがて一条の川となる
大地をつくり、大海へ注ぎ、天空に登れば恵みの雨となって地に戻り
より輝く新しい命となって流れ始める


この度の個展では、時代と共に変わり行く人々の美意識、価値観...

そして、変わらない普遍の日本の文化・和の染織に対する誇りを、水の流れに例え、3部構成にて紹介致します。


第1部 【源流】 染織の歴史や日本の文化、美意識を徹底的に追求した時代

第2部 【集積】 時代とともに変わりゆく人々の美意識や価値観
その中で、蓄えた知識と経験によって革新的な作品を生み出した時代

第3部 【透明】 素材を追及し続けてきた上で挑戦する、究極の無地
ミネラルを多く内包する水の様に、
遠目では無地でありながら奥行きと深みを感じさせる作品


20170113144434_00001 20170113144814_00001

 

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~

日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時

  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)

〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17 川崎ブランドデザインビルヂング

 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/

 

期間中、野中の想いにご賛同いただいた日本の伝統文化を継承する方々にご来場いただき、ワークショップ・会談を予定しております。

詳しい日程などは、後日紹介していきます。